弁護士コラム

訪問取引お断りステッカー作成記念シンポジウムに参加して

2017年3月20日  中島俊明  イベント, 消費者問題 

平成29年3月18日に京都弁護士会が開催した、
訪問取引お断りステッカー作成記念シンポジウムに参加しました。

シンポジウムは京都弁護士会が訪問取引お断りステッカーを作成したことを
記念に開催されたものです。

弁護士だけでなく消費生活センターをはじめとする京都府及び京都市の職員の皆様や
京都府の老人クラブや防犯協会の方々など多数の人が参加していました。
内容も諸外国の訪問販売や電話勧誘による消費者被害の予防制度の紹介、
ステッカーの活用法の解説、寸劇など盛り沢山でした。特に寸劇は楽しかったです。

アップされた画像のとおり、
ステッカーには、着物をきた女性と犬とセールスマンが登場する
可愛いデザインが施されています。
その下には、
「このステッカーを無視して勧誘を行った場合、京都府消費生活安全条例違反となります。」
と書かれています。

ステッカーの文言を見て気になったので、根拠となる条例も調べてみました。
京都府消費生活条例15条1号は、
「消費者が拒絶の意思を示しているにもかかわらず契約を勧誘する行為」を禁止しています。
この条例は訪問販売に限定されておらず、電話による勧誘など他の勧誘形態も対象となるようです。
同条例には違反業者に対して行政からの指導や府民に対する不正情報の提供等のペナルティーが定められています。

訪問販売や電話勧誘販売には
取引等を予定していないプライベートな空間における平穏を乱し、
消費者に不意打ちで迫ることで契約に持ち込むという側面が強くあります。
また、そのような方法によって取引される商品には、
普通に店舗等で販売しても満足に売れないような
ものが多く含まれている印象があります(そのため不意打ちを仕掛けることになる。)。
このような理由から訪問販売や電話勧誘販売は消費者トラブルを招きやすい取引であるといえます。
私の経験した事件の中にも電話勧誘販売や訪問販売で重大な被害が生じていたものが多数あります。

訪問取引・電話勧誘について消費者庁が2014年度に意識調査を行ったところ、
訪問勧誘は96.2%、電話勧誘は96.4%の人が今後勧誘を全く受けたくないと回答していました。
ところが、このような国民の大多数が嫌っている勧誘を規制する法制度はありません。
平成28年5月に特定商取引法の改正があり、その際にそのような法制度の新設が模索されましたが、
事業者側の強い反対によって最終的には実現しませんでした。

シンポジウムに参加して改めて感じたのは、
消費者の声を糾合していかなければならないということでした。
事業者側は、規制が設けられれば自らの収入や利益に直結しますし、
その利益は多くの事業者に共通するので、団結は比較的容易です。
しかし、消費者側は新たな規制を設けるために頑張っても直接的な利益などはありません。
重大な消費者被害などが世間の耳目を集めることはありますが、
どうしても散発的、一時的なものになりがちというのが実情です。
ただ、団結する体制を整えておかなければいつまでも消費者側は弱いままであり、
どこかで泣き寝入りを強制されるということが続いてしまいます。
取引や契約の場では消費者は事業者よりも弱い立場にあると言われていますが、
よりマクロ的な視点(集団としての企業や事業者と消費者)でもそのことは同じではないかと感じています。
だからこそ、前回の改正では事業者の反対を押し切ることができなかったのです。

今回のステッカーが訪問取引被害の予防につながるとともに、
消費者問題について話すツールになって、
消費者の連帯を強めるきっかけになれば良いと思います。
私もステッカーを1枚もらいましたので、
綺麗なまま携帯して、様々なところでステッカーについて語ってみようと思います。

最後になりますが、今回のシンポジウムを中心になった実現してくださった、
消費者保護委員会の不招請勧誘禁止部会の皆さんに深く感謝します。

 

2017年(平成29年)仕事始め

2017年1月6日  中島俊明  ご挨拶 

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

桜花法律事務所は本日より業務を開始させて頂きます。
無料法律相談の受付も本日より対応させて頂きます。

皆様のお役に立てるように頑張って参ります。

よろしくお願いします。

三菱自動車燃費偽装事件被害弁護団

2016年12月17日  中島俊明  三菱自動車燃費偽装事件被害弁護団, 消費者問題 

昨日(平成28年12月16日)に大阪地方裁判所に
三菱自動車燃費偽装事件被害対策弁護団が訴状を提起しました。

同弁護団が結成してから暫くして京都弁護士会有志の一員として
同弁護団に加入させて頂いております。

加入時期との問題から上記訴訟の代理人にはなっておりませんが、
弁護団の様々な活動に従事させてもらっています。

今後、三菱自動車や販売店から諸々の反論があるのかもしれませんが、
三菱自動車としては原告らを初めとする消費者の想いと真摯にむきあって欲しいと思います。

三菱自動車は新しい役員を迎えるとともに、役員報酬枠を従来の約3倍の30億円にするという報道に接しました。
消費者への対応はそこそこに、経営陣には多額の報酬を支払おうとする姿勢には疑問を感じます。
消費者へより多くの支払いをすることは考えつかなかったのでしょうか。
今回弁護団に依頼した人は全体の被害者の一部です。
三菱自動車の対応に不満を抱きつつも、しぶしぶ少額の賠償金を受け取った人も中にはいるはずです。
この人達には何の落ち度もありません。三菱自動車の提供する虚偽の情報を信じただけなのです。
どうしても納得がいきません。

松葉弁護団長が記者会見で述べたように
今回の裁判所で三菱自動車の消費者に対する姿勢を問い正したいと思います。

三菱自動車燃費偽装被害対策弁護団は
平成28年8月30日に燃費偽装が公表された追加7車種
(アウトランダーPHEV、ミラージュ、デリカD:5、パジェロ、RVR、i-MiEV、ミニキャブ・ミーブ トラック)
についても受付をしております。
依頼を検討している方、相談をしたい方は弁護団のホームページ
からアクセスして頂き、申込手続を行って頂ければと思います。
消費者契約法に基づく取消期間の関係で
依頼を行うことが出来る期間は平成29年1月末日までとなっております。
早めにご相談頂ければと思います。

サクラサイト被害全国連絡協議会(長野)

2016年11月14日  中島俊明  イベント 

img_0784

11月12日(土)に長野市にて行われた
サクラサイト被害全国連絡協議会に参加して参りました。

今回の全国連絡協議会では、
お時間をいただき、「auかんたん決済」についての検討結果を発表させて頂きました。
発表の後に沢山の質疑やご意見を頂き、大変に白熱した議論となりました。

今回の発表は今年の7月頃から準備検討をさせて頂き、
京都弁護士会の消費者保護委員会の信用部会の皆様や
京都の出会い系サイト被害対策弁護団の皆様からご意見を頂きながら準備をさせて頂きました。
この場を借りて感謝申し上げます。大変にありがとうございました。

これまでに何度も全国連絡協議会に参加させて頂いておりますが、
やはり最前線で必死で闘っている先生方の思いや視点は凄いと改めて思い、大きな刺激を受けました。
このコラムを書いているうちにももっとサクラサイト被害に取り組みたいという気持ちが高まってきました。
今後も自己研鑽を積んでサクラサイト被害の撲滅に貢献していきたいと思います。

当事務所では初回1時間までは相談料を頂いておりません。
サクラサイト被害でお悩みの方は是非ご相談ください。一生懸命頑張ります。

京都市「消費生活フェスタ2016」

2016年11月9日  中島俊明  イベント 

20161108152128-0001 20161108152133-0001

Facebookページで紹介しましたが、平成28年11月26日(土)9:00~16:00に
みやこめっせ(京都市勧業館)にて京都市の消費生活フェスタが行われます。

私の所属する京都弁護士会の消費者・サラ金被害救済センター運営委員会も
出展ブースを出すことになっております。
ブースでは、無料法律相談と消費者クイズを行います。
私は相談担当ではありませんが、当日は現場の役員として頑張ります。

普段弁護士に相談するというのは、なかなか緊張することかもしれません。
ですが、この日はお祭りです。
些細なことでもいいですから、普段疑問に思っていることや何となく不満を感じていることを
気軽に相談してみて下さい。もちろん、相談する弁護士はプロとしてきちんと対応させて頂きます。

クイズも対象年齢別に複数用意させて頂きました。
お子様連れも含めて是非参加してください。
意外と知らないような知識を聞く問題もあります。

こうしたイベントを通して、弁護士を身近に感じて頂き、
消費者被害の撲滅につながっていってほしいと思います。

無料法律相談を行う理由

2016年10月23日  中島俊明  無料法律相談 

%e4%ba%8b%e5%8b%99%e6%89%80%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%88facebook%ef%bc%89

桜花法律事務所では初回1時間まで法律相談料を無料としています(債務整理の相談は何度でも無料です。)。
開所以来、沢山の方の相談にのらせて頂きました。

たまに無料法律相談を実施している理由を聞かれます。

無料法律相談を実施している理由は、
勤務弁護士時代に働いていた事務所が同じ条件で無料相談を行っており、
特にそのルールを変える必要を感じなかったことと、
法律相談であまりお金を受け取るという習慣がなかったので、
受け取るとなったらかえって自分が戸惑うだろうなと思ったためです。
実際に、今でも、相談時間が1時間を越えた場合に相談料を頂戴するときは緊張しています。

もちろん、相談者の方々に相談料の心配をしてほしくないということはあるのですが、
私の中では営業上の理由というのは意外と大きくありません。

弁護士コラムを始めます

2016年10月12日  中島俊明  ご挨拶 

%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f弁護士の中島俊明です。

桜花法律事務所のホームページをご覧頂き、大変にありがとうございます。

平成28年もあっという間に10月となってしまいました。

さて、当ホームページにてコラムを始めることにしました。

取扱分野のページで書ききれない細かな論点など

皆様のお役に立つような情報を掲載していきたいと考えております。

できる限り、沢山のコラムを書いていこうと思います。よろしくお願いします。

あなたのお話をじっくり聞かせてください。初回相談1時間無料。 無料相談 お問い合わせフォーム