弁護士コラム

委員会活動

日弁連ライブ実務研修「2016改正割賦販売法の活用」について 

2018年1月9日  中島俊明  イベント, 未分類, 委員会活動, 消費者問題 

平成29年11月28日に日弁連で「2016改正割賦販売法の活用」についてと題して
「ライブ実務研修」という講演を行ってきました。

今回の講演では、元々平成28年12月に改正された割賦販売法と、
その成立後に定められる政省令の改正について講義を行うことになっていました。
ただ、実際には政省令の改正がこちらが想定していたものより遅く、
この講演のレジュメの締切時点ではパブリックコメントはなされていたものの、
最終的に確定した政省令は発表されていませんでした。
そこで、今回の講義ではパブリックコメントで示された政省令案をもとに講義をせざるえませんでした。
なお、講義の翌日11月29日に政省令の確定版が公表されたようです(少々ショックを受けました)。

このように少し残念な面があったり、当日緊張しすぎてしまったという反省はあるものの、
貴重な機会を与えて頂けたことに感謝しています。何より自分自身にとっても大きく勉強になりました。

今回の割賦販売法の改正では、
それまで法律上の規定のなかった決済代行業者に対する任意登録制や
クレジットカード番号等取扱契約締結事業者の加盟店調査義務等の重要な改正が含まれています。
消費者問題を取扱うのならば今回の改正法は押さえておかなければならないと思います。

講義の準備をしていて、割賦販売法という法律は極めて読みにくいと改めて実感しました。
用語が複雑で、枝番の条文が多数(35条の17の2等)、政省令への委任多数などなど。
従前の割賦販売法でも十分に読みにくかったのですが、
改正法で政省令もろとももっと複雑になってしまいました。
割賦販売法はクレジットを利用する消費者のための法律という側面があるのですが、
この読みにくさは消費者にも、それを利用する弁護士にも優しくありません。
今度改正するときはもう少し読みやすいものにしてほしいものです。

全国一斉 銀行カードローン問題ホットライン【8月1日(火)10時~16時】

2017年7月31日  中島俊明  イベント, 未分類, 委員会活動, 消費者問題 

2017年(平成29年)8月1日に、京都弁護士会館で、【全国一斉 銀行カードローン問題ホットライン】(=弁護士による電話無料相談)を開催されます。時間は10時~16時です。電話番号は0570-073-316です。

貸金業法の総量規制の対象外とされた銀行による消費者向け貸付け(銀行カードローン)が急激に増えています。最近、銀行による消費者向けの貸付けの問題はようやく社会的にも認識されつつあります。「銀行のカードローンは総量規制の対象外です」,「最大500万円 所得証明書一切不要」などと、貸金業法の適用対象外であることを強調した宣伝・広告がなされてい情報もあります。そして、銀行等が行う消費者向け貸付けが顧客にとって過剰な貸付けとなっているケースも判明しており、その影響からか2016年(平成28年)には、13年ぶりに自己破産申立件数が増加しています。

今回のホットラインは、このような事態を受けて、京都弁護士会を含む全国の弁護士会が一斉にホットライン(無料電話相談)を企画し、行カードローンの借入れについて問題のある方、心配のある方、その家族らなどからの相談に応じるとともに、実態を把握するために行うものです。

私の印象でも債務整理の相談を聞いていると銀行からの債務を抱えている人が多くなっています。それでいて,銀行カードローンには、ローンには消費者金融業者の保証がついていることが多く、この場合、消費者が滞納が一定程度に達すると消費者金融が銀行に代位弁済を行い、その後の消費者への取立業務をを消費者金融業者が行うことになっています。結局滞納すると消費者金融業者の取り立てに直面するのです。任意整理の場面でも受任通知を送るとすぐに消費者金融業者が代位弁済してきて、銀行ではなく消費者金融業者と交渉することが多々あります。銀行カードローン問題は結局のところ、消費者金融業者による多重債務問題が銀行に看板を付け替えただけで、根っこは同じなのだと考えています。

私もホットラインの担当をすることになっています。精一杯対応させて頂きますので、銀行カードローンの借り入れでお悩みの方、是非銀行カードローン問題ホットラインをご利用ください。

 

北部会員を囲む懇談会に参加して

2017年7月16日  中島俊明  委員会活動, 消費者問題 

7月15日(土)に舞鶴で行われました「北部会員を囲む懇談会」に消サラ委員会の委員長として出席してきました。今回は,消サラ委員会の方から北部の皆様から意見を伺う必要があったため出席しました。他の委員会からも沢山の参加者が来ており,また北部会員の皆様も沢山集まって頂き,懇談会だけでなく,懇親会や二次会も含めて役員の皆様や北部の皆様と忌憚のない意見交換をすることができました。

今回初めて北部会員を囲む懇談会に参加したのですが,福知山や舞鶴での相談で北部の先生方にお世話になっていることを実感するとともに,北部地域でクレサラ被害、消費者被害に悩まれている方々がきちんと弁護士へアクセスできるような体制をきちんとつくっていきたいと強く思いました。

せっかく舞鶴までいったのに,海を堪能する時間がありませんでした。

次来るときには舞鶴の海を楽しみたいと思います。

修学院地域の健康すこやか学級に参加しました。

2017年6月11日  中島俊明  イベント, 委員会活動, 消費者問題 

 

本日は、京都市左京区修学院地域の健康すこやか学級にて京都弁護士会が作成した「訪問取引お断りステッカー」の説明と配布を行ってきました。今回の健康すこやか学級には、概ね60代以上の約50名の方々が参加されておりました。参加されていた人々は皆さん、穏やかで良い人ばかりでした。その人柄が伝わってきて、ここに集って下さった方々には消費者被害にあってほしくないと心から思いつつステッカーについて話をさせて頂きました。皆さんが真剣に話を聞いて下さり、私自身もとても満足のいく時間を過ごすことができました。

ステッカーの流布によって、京都の中から訪問取引による被害にあうことがなくなることを願ってやみません。また、こんな良い人たちを苦しめるような消費者被害の撲滅に全力を尽くそうと改めて決意しました。

今回のイベントは一乗寺駅の周辺であったのですが、一乗寺駅というのは多くのラーメン屋がある地域なんだそうで、少し散策すると沢山のラーメン屋を目にしました。せっかくだからどこかで食べていこうと考えて、帰りにその中の一つのお店を見つけてラーメンを食して参りました。とても美味しかったです。

また、明日からも頑張ります。

消費者・サラ金被害救済センター運営委員会の委員長就任にあたって

2017年4月8日  中島俊明  ご挨拶, 委員会活動, 消費者問題 

少し時間が経ってしまいましたが、平成29年度が始まりました。
京都の桜も綺麗に咲いています。

今年度は、京都弁護士会の消費者サラ金被害救済センター運営委員会
(以下、「消サラ委員会」と言います。)の委員長を務めさせて頂くことになりました。
消サラ委員会は消費者被害とクレジット・サラ金被害の防止と救済を目的とする委員会です。

京都弁護士会では、もう一つ消費者問題を取り扱う委員会として消費者保護委員会があります。
そちらの委員会でも昨年に引き続き副委員長と信用部会の部会長を務めることになっております。
今年の消費者保護委員会の委員長は木内総合法律事務所の加藤進一郎先生です。
加藤先生は私が京都に登録替えするときからとてもお世話になり、
また尊敬している先生で、消費者問題に情熱を持って取り組んでいる先生です。

また、今年の京都弁護士会の会長は長年様々な消費者問題に
熱心に取り組んでこられた木内哲朗先生です。

木内会長のもと、加藤先生が委員長を務める消費者保護委員会と消サラ委員会が
力を合わせて頑張っていくことで、これまでにない、
色んな活動ができるのではないかと感じています。

この1年間、消費者被害とクレジット・サラ金被害の防止と救済のために、
弁護士会が果たすべき役割を考えながら、消費者の皆様、弁護士会、
この問題に関わってくださる会員の皆様、消サラ委員会の委員のために、
自分の使命を一生懸命果たして参ります。

あなたのお話をじっくり聞かせてください。初回相談1時間無料。 無料相談 お問い合わせフォーム