弁護士コラム

2017年06月

書籍「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」を読んで

2017年6月18日  中島俊明  消費者問題, 読書・学習 

最近、仮想通貨を使った消費者被害の相談を受けることが増えてきました。これらの相談に対応するためには、仮想通貨の仕組を知らないといけないと考えて、仮想通貨に関する書籍「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」を読みました。わかりやすく書いていたので、ビットコインやその他の通貨についてなんとなく仕組みは理解できました。

ただ、仮想通貨を使った消費者被害救済の観点について何か書いてあったわけではありませんので、具体的な事件で仮想通貨をどのように攻略していくかについてはまだまだ検討をしていかなければと思います。仮想通貨そのものにはあまり興味はありませんが、仮想通貨を使った詐欺・消費者被害の救済には興味があるので、さしあたり、自分でも仮想通貨を利用してみて、仮想通貨の利用風景を実体験してみようと思います。実際に利用してみないと相談の際に、相談者の方の説明を理解できないかもしれませんので。

フィンテックの拡大に伴い、色々な決済手段や仮想通貨が増えています。その中には怪しい仮想通貨なども多数あり、消費者被害が発生する危険性を感じています。当事務所としては、消費者被害救済の観点からフィンテックを勉強して、次々現れる新たしい問題にも適切に対処できるようにしたいと思います。

 

修学院地域の健康すこやか学級に参加しました。

2017年6月11日  中島俊明  イベント, 委員会活動, 消費者問題 

 

本日は、京都市左京区修学院地域の健康すこやか学級にて京都弁護士会が作成した「訪問取引お断りステッカー」の説明と配布を行ってきました。今回の健康すこやか学級には、概ね60代以上の約50名の方々が参加されておりました。参加されていた人々は皆さん、穏やかで良い人ばかりでした。その人柄が伝わってきて、ここに集って下さった方々には消費者被害にあってほしくないと心から思いつつステッカーについて話をさせて頂きました。皆さんが真剣に話を聞いて下さり、私自身もとても満足のいく時間を過ごすことができました。

ステッカーの流布によって、京都の中から訪問取引による被害にあうことがなくなることを願ってやみません。また、こんな良い人たちを苦しめるような消費者被害の撲滅に全力を尽くそうと改めて決意しました。

今回のイベントは一乗寺駅の周辺であったのですが、一乗寺駅というのは多くのラーメン屋がある地域なんだそうで、少し散策すると沢山のラーメン屋を目にしました。せっかくだからどこかで食べていこうと考えて、帰りにその中の一つのお店を見つけてラーメンを食して参りました。とても美味しかったです。

また、明日からも頑張ります。

あなたのお話をじっくり聞かせてください。初回相談1時間無料。 無料相談 お問い合わせフォーム